儚い緑

□朝日
1ページ/4ページ



眩しくて目を覚ましと
横にはイオンがいる

すやすやとまだ眠っている。


イオンも、不安で一杯だったんだって思うと、嬉しくて、切なくなった。



「ルーク…僕の全てになってくれますか?」

真っ直ぐな眼差しが、俺の胸にチクリと刺さる。

「ルークが…好きです…」

そのままベッドに押し倒される。
何も抵抗しないまま、深く濃厚な口付けをかわす。

「…イオン…」

「なんですか?」

「何で…したんだ…?」

「好きだからですよ…」

流されるまま、俺とイオンは肌を重ねた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ