儚い緑

□甘い甘い蜜の香り
1ページ/2ページ


ルークは、甘い物が好きでしょうか?

と言って悩んでも、僕は料理が出来ませんし…

………パンケーキなら、出来るかも知れません……

作りましょう!
パンケーキ!


「調理開始です!」



………3時間後………



「出来ました、蜂蜜たっぷりの甘い甘いパンケーキ!」

満面の笑みでこのパンケーキを見つめていると、後からからルークの声がして…

「おっ、上手そうじゃん!」

パンケーキをパクりと一口食べてしまった。

「…甘い…」

「あっ、甘いの嫌いでしたか?」

慌てる僕の耳元で、低くて、甘い声が聞こえた…「大好き」…って…。

嬉しい、大好きって…言われちゃった…。

「ルーク」

僕は小さくて呟くと、ルークは顔を除き込んできた。

「……っ!」

そっと口付けをし、次は濃厚で深い口付けを…。

「やっぱり、甘いですね」


二人はクスクスと笑いながら、甘い甘い一時を過ごしましたとさ…。

end
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ