儚い緑

□届かない2
1ページ/3ページ

「イオン、おーい、生きてるか〜?」

んっ、ルーク…?

…………………!!!

「ルークっ!」

「何だよ?」

ルーク、これはルークなのですか?

小さくて、小さくて、ぷにぷにしている此が…ルークですか?!

そんな事を考えていると、小さなルークは僕に抱きついて来て…

「なぁーなぁー。イオン、一緒に遊んで?」
小さなルークは、僕のお腹辺りに顔をうずくめる。

可愛い

でも、何故でしょう…?

何か足りない。

「なぁなぁ、イオン、俺と一杯一杯遊ぼうぜ?」

上目遣いで……

可愛いけど……ってな?

「俺、イオンの事、好き」

好き?
ルークが僕の事を?
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ