儚い緑

□大好き!
1ページ/4ページ

「ルーク、好きです」
「はぁ?」

「ですから、好きです!」

「だっバカっ。んな事急に言うんじゃねぇ!」

「嫌です!」

「嫌って…」

「好きなんです…」

あぁ、ずるい。
泣きそうな顔で俺を見るなよ…

「好き、好き、好き」

イオンが俺の胸の中に潜り込んで来て、頬を赤くしながら呟く。

「恥ずかしい奴…」

「恥ずかしくて良いです…」

イオンはにこやかになりながら俺に言う。

熱い…

イオンの体が、すっごく熱い…

段々息も上がって来てるみたい…だ…

やっヤバい!
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ