立海一家シリーズ

□立海一家のクリスマス
1ページ/3ページ

【サンタさんへの手紙】


「ん〜…むぅ〜〜…」

立海家のリビングで、赤也は真剣な顔をしてクレヨンを握っていた。

「よし、完成!」

その隣でブン太が声を上げ、テーブルにマジックが転がる。

「プリッ」

反対側で、雅治も独特の言葉を発し、目の前に便箋を掲げた。

「えっ?もうできたの!?」

慌てる赤也を余所に、二人は便箋をふたつに折り、封筒に入れた。
その封筒の表に「サンタさんへ」、裏にはそれぞれ自分の名前を書く。

ブン太はのびのびと子どもらしい大きな字、雅治は少し癖があるが丁寧な字だ。

ひらがなを覚えたての赤也は、未だ悪戦苦闘している。

不意に、インターホンが鳴り、幸村が受話器を取った。

「太一、どうしたんだい?」

電話の相手は太一らしい。
幸村がアトリエや庭園に頻繁に行き来する為、立海家の内線電話は、幸村家とも繋がっているのだ。
用件は、今度の個展の件だという。

「わかった、今行く。ちょっとアトリエに行って来るよ。赤也はゆっくり書けばいいからね」

ブン太と雅治から手紙を預かった幸村は、宥めるように声をかけた後、席を外した。
赤也は頷き、赤いクレヨンを握り直して、また便箋に向き合う。

「おれ、ケーキのレシピかんがえて来よっと」

そう言うと、ブン太が子ども部屋へと引き上げていく。
いつの間にか、雅治が赤也の手紙を覗いていた。

「なんじゃ あかや、おまん日本語で書いたんか?」

「…へ?」

「サンタさんは日本人じゃないけぇ、英語で書かんとわからんぜよ」

「そ、そうなの?!」

「おまんがよく読んでる絵本があるじゃろ?あれ見てみんしゃい」

赤也は勢いよく立ち上がり、件の絵本を本棚から引っ張り出して来た。

去年買って貰ってからずっとお気に入りで、幸村や柳に何度も読み聞かせて貰った絵本。
散々読んで貰ったお陰で、内容も覚えてしまったその本のページを捲っていく。

「ほれ、ここじゃき」

物語の最後の方に、男の子がサンタさんに手紙を渡す場面があった。

「……にほんごじゃ、ない」

その手紙に書いてある字は、小さくて今まであまり気に留めていなかったが、赤也が書こうとしていた「さんたさんへ」という文章とは明らかに違う。

「どうしよう…にほんごじゃ、だめなんだ。サンタさん、よめない…」

頭の中で、サンタクロースが赤也の手紙を見て首を傾げ、クリスマスの夜にプレゼントを持って来てくれなかった――という所まで想像が膨らんだ。

「あ〜あ、あかやはプレゼント無しじゃな」

哀れむようにそう言うと、雅治はリビングを出て行く。
去り際に悪戯っぽい笑みを浮かべ、「ピヨッ」と呟いて。

「うわあ〜!そんなの やだぁー!!」

赤也は昨年、まだ字が書けなかったので手紙は書いていないが、プレゼントは貰えた。それに、先程手紙を書き上げた雅治とブン太は、普通に日本語で書いていた。

そう、これは雅治の詐欺なのである。
しかし今の赤也は、そういった所まで考えが及ばなかった。

ただ、手紙が書けない=プレゼントが貰えない、という事しか頭に無い。

「……そうだ!」

涙目になりながら一生懸命考えた結果、思い描いたのは、同じ幼稚園の越前リョーマだった。
赤也は「帰国子女」という言葉はまだ知らないが、“リョーマはアメリカという国から日本に来て、時々英語を喋る”という認識はあった。

「あいつに おしえてもらえば いいんだ」

思いついたら即実行。赤也は便箋とクレヨンを持って、玄関へと向かった。

「わっ!?」

靴を履いて外へ出ようとすると、外側から引き戸が開いて、何かにぶつかった。

其処まで大きな衝撃ではなかったのでそのまま見上げると、「大丈夫ですか?赤也君」と、心配そうな柳生と眼鏡越しに目が合った。

「ひろくん!」

「何処かにお出掛けするのですか?」

「えっとね、えちぜんち!」

「リョーマ君のお家に?一人で、ですか?」

「あのね、サンタさんがね、がいこくごだからね、てがみをね…」

赤也が一通り説明すると、柳生は漸く理解した。

つまり、英語で手紙を書きたいのだ、この子は。

「私でよろしければ、教えて差し上げますよ?」

「え?ひろくん、わかるの?」

私だけでなく、この家の大人は皆英語がわかるというのに。柳生はそう思いつつも、「もちろんです」と指で眼鏡のブリッジを押し上げた。


その日の夜、「せいくん かけた!」と赤也が手紙を渡して来たので、「じゃあ、サンタさんに送っておくよ」と受け取り、子ども達が寝静まってから、幸村は三通を順番に開封していった。


『サンタさん、まい年 プレゼント ありがとうございます。今年の プレゼントは、わたあめのきかい が ほしいです。シクヨロ!』


「ふふっ、ブン太はわたあめの機械か。一度にたくさん食べ過ぎないように、注意しておかなくちゃな。雅治は……って、何だこれは?」


『おれの ほしいもの。
それは おしえられんダに。どらいばー かもしれんし、ねじ かもしれん。ひみツじゃ。さんたさんなら、ほしいもの あててみセるんじゃな。きたいして まットるぜよ。プリッ』


「何でサンタさんに挑戦状を…。しかもやけにひらがなばっかり。ん?ああ、そういう事か」

隠されたメッセージを読み取り、幸村は口角を上げた。

そして三通目、赤也からの手紙に目を通した所で、「えっ!?」と声を上げた。

「どうした、幸村?」

向かいに座った真田と、お茶を煎れてくれていた柳が反応する。

「赤也が、英語で…」

「ああ、赤也はWii Uを欲しがっていたからな」

「違うんだ蓮二…全部、英語なんだ…」

「何!?」

間のテーブルに手をつき、噛みつかんばかりの勢いで真田が手紙を覗き見る。
幸村が便箋をテーブルに広げ、柳も文面を確認した。

ひらがな同様、ふにゃふにゃした拙い字だったが、其処には確かに綴られていた。


『Dear Santa Claus.
AKAYA want Nintendo Wii U.
I hope you are at our home.
Please don't overwork yourself and take care of your health.
Merry Christmas!
I love you very much!』


暫く、沈黙が続いた。

「これは一体…どういう事なのだ…!?」

「誰か赤也に英語で書かせた?」

「少なくとも俺ではないな」

「俺も知らんぞ!」

「じゃあ、ジャッカルか柳生?」

「『無理せず体に気をつけて頑張ってくださいね』…というニュアンスは比呂士だろうな。だが何故赤也だけなのか…」

「とりあえず、プレゼントの手配しようか。……あれ?」

赤也の封筒に、もう一枚紙が入っているのに、幸村が気付いた。
それは便箋ではなく茶色の折り紙で、開いてみると、7つの足跡が。

「これは…まさか、君かい?」

幸村が首を捻ると、真田と柳もその視線を追う。

「にゃ〜んす」

キャットハウスの中から、しい太が一声鳴いた。



次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ