ミズノオト

□8話
1ページ/5ページ







「誰が出るかな♪誰がでるかなー♪怜ちゃんだ!」


「あの…僕だけ2面も名前があるんですけど。」






渚はサイコロのような物を作ってそこに全員の名前を書き、怜ちゃんだけが2面あった






「まぁ怜ちゃんだからねー」


「なんですかそれー」


「ほいっじゃ、怜ちゃん恥ずかしい話、どうぞー!」


『どうぞどうぞー』


「しかも恥ずかしい話って…」


「はぁ…小学校5年生の頃の話ですが、林間学校に行った時に……」






鞄の中に探してたらなくて、先生がお風呂場で落ちてた忘れ物を皆に見せた。それは……







「ああ、パンツかぁ」


「言わないでください…」


『ぷっ…くくくっ…』


「笑わないでください。」


『ごめっ…怜ちゃん可愛くて…つい…くくくっ』


「怜、えっと…」





怜ちゃんをフォローしようとする真琴






「大丈夫だよ、もし部室で落としても僕が拾ってあげるから」


「落としませんっ!」


『あははっ、可愛いなぁもう』






笑いながらそう言うと真っ赤な顔されちゃった







「おっ。次はハルちゃんだね!お題は…恋の話!略してコイバナ!」


『こいばな?』


「どうぞ〜」


「俺か」





遙は立ち上がって語り出した






「小学校の時…親に連れられて、近くの山に登りに行ったんだ。そこで…俺は出会った。目が離せなかった、その力強い美しさ、ほとばしる生命力。キラキラと輝きながら流れる……滝!」


『「「滝?」」』


「それ恋ばなって言わないよ、ハルちゃん」


『滝っ…ぷぷっ…』


「だったらお前はあるのか、蒼」


『もっちろーん!』


「本当!?聞かせて!」


『うーんとねぇ…小学校の時に、凛と一緒に遊んだんだけど』


「凛…?」






凛と行った時にピクッと反応した遥。それに構わず喋り続ける






『学校に行く時にいつもすれちがう子がいるの。ちょっとぽっちゃりで、ふわふわしていて…」


「ぽっちゃりで…」


「ふわふわ…?」


『もう可愛くてね、我慢できずに話しかけてみたの!』


「だれー!?」


『それでね、許可取って撫でたの』


「…撫でた?」


『そうっ可愛いくて白くてふわふわしているワンちゃんに!』





何故か皆がっくりとなった後にため息をこぼした
…私変な事言った?





「それもコイバナって言わないよ…蒼ちゃん」


『えぇー!?運命の出会いだと思わない?』


「結局遥先輩も蒼先輩も同じじゃないですか」


『でも滝よりはいいでしょ!?』


「滝の方がいい」


「あーもぅ、どっちでもいいよ!」


『むぅ…』








.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ