翡翠の雫と神的世界観


両手で耳を塞いで
全てゎ自分だと信じ込み
惑わされないように
少しずつ進んできた。

でも、自惚れていた僕ゎ
深い落園に落ちてゆく―

だから、誰か僕を
馬鹿だとあざ笑ってよ…
利用契約
自己紹介
日々円満
妄想劇場
連載小説
全掲示板
今現在僕
我恋愛物
心歌作詞
御手紙箱
此処形跡



ブックマーク|教える
訪問者2375人目




©フォレストページ