□この心、全部【切甘】
1ページ/2ページ

俺は数日前に失恋した。


告白したら「好きな人が居るから、ごめんね」って。



同じ部活のマネージャーの子で、その後気まずくなるかと思いきや、いつも通りに接してくれて。



とても良い子で、俺の好きだった人。




「‥ごめんね」




今日もその言葉を素直に言えなかった。


失恋のショックで、今日も俺は栄口に当たるような事を言ってしまった。



今まではそんなことなかったのに‥俺は一体どうしたんだろう。


本当は「ありがとう」って、いつでも思ってるのに。



栄口の前では口べたになってしまい、俺の方が少し背も高い。


栄口は俺のこと‥嫌いじゃないかな‥?

好きになって、くれるかな?




「大好き、栄口」




愛したい。

貴方に逢いたい。


今この胸の奥で叫んでるよ。




「もっと‥栄口の近くに行きたい」




愛される明日を夢に見る。


俺を好きになってほしい、そう願う。



もうこの心は全部、栄口に奪われていた。


この心は貴方だけのモノ。









「栄口‥おはよう」


「はよっ!水谷!」


「あの‥昨日は‥その‥、俺が悪かったのに‥」


「‥バカだな。俺は気にしてないよ?」




そうやって笑って許してくれる、優しい君。


そしてちゃんと叱ってくれる、優しい君。




「八つ当たりしてゴメン。上手く行かなくって‥」


「水谷なら大丈夫だよ!また次があるから頑張れ。‥な?」




そう言って本気で励ましてくれる。


俺がフラれてしまった哀しい恋をしてたことを知っているから、栄口は俺に優しくするのかな?




「‥ありがと、栄口」




でも‥それでも大好き。

いつでも栄口に逢いたいと願う。


大好きすぎて、眠れない夜には終わらない祈りをする。



恋人になったら‥お喋りしたり、手を繋いだり。



あぁ今夜、もしも夢で逢えたら。


嬉し過ぎて、泣ちゃうかも。









俺がフラれたその日、たまたま栄口が居合わせただけなのかもしれない。


帰ろうと足を進めたとき、最悪な気分の俺の心を表すかのように雨が降ってきた。




「あー‥最悪‥‥、」




今日は降らないって言うから、自転車で来たのに。


フラれたショックで、気付けば俺は雨と一緒にボロボロと涙を零していた。




「‥どうしたの?水谷‥」




そこに現れたのは栄口だった。


なにも答えない俺の隣に座り、ただひたすら時間だけが流れて行く。



俺を安心させるように、ぎゅっと握ってくれた手の温もり。



涙がさらに溢れてしまった。




「‥‥フラれ、ちゃった‥俺‥‥」


「‥‥‥そっか」


「‥うん‥‥」


「‥‥帰ろう?水谷‥」


「‥‥‥うん‥」




同じバス停。


雨の坂道を、ひとつの傘で歩いた。




「水谷、これ」


「‥‥え‥、」


「きっと落ち着くよ。俺のお気に入り。」


「‥ミルクティー‥?」


「あ、そうそう!そーいえば水谷が欲しがってたアルバムが手に入ったんだ!ね、一緒に聴こう?」




お気に入りと言われて貰ったミルクティー、栄口が教えてくれた歌。



そのすべてが暖かくて。


俺はまた泣き出しそうになった。





俺は失恋のショックから立ち直れるかな?


いや、多分次も失恋するって分かってる。



あの痛みをもう一度だなんて、考えただけでもぞっとする。



どっちかが女の子だったら良かったのにな。


そうすれば、こんな風に悩むことも無かったのにな。




「栄口‥」




愛したい、貴方に逢いたい。


今この胸の奥で叫んでるよ。




愛される明日を夢見る。


もうこの心は全部、貴方のモノ。



貴方だけのモノ。




fin.




→あとがき
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ