□雨降りな日々【甘】*
1ページ/3ページ

今日の天気も雨。


ここ一週間、雨降りな日々が続いている。



俺はと言うと、この毎日が結構楽しい。


気温の変化で微かに肘は痛むんだけど、そんなのにもう未練は無くて。



雨で練習が無くなり、泉と一緒に居る時間が増えるってことが凄く嬉しいんだ。




「雨‥止まないな」


「仕方ないよ。今のうちにゆっくり休むのも良いんじゃない?」


「練習、してぇなぁ‥」




机に顔を伏せている泉の言葉を横で聞きながら、俺はいつものように洗濯物をたたんでいた。


いつもはお日様の香りがする洗濯物も、最近はその香りをすっかり忘れてしまっている。



連日の曇った雨降りな天気は、まるで悲しい事があったかのように泣き続けていて。


まるで、練習が出来ない今の泉の気持ちを表しているかのようだった。




「泉、ご飯食べよう?」


「‥なぁ、浜田」


「ん、どした?」




こっちに来てと手招きされるままに足を運ぶと、そのまま衿元を掴まれてキスされた。


泉からこんな事するなんてと驚きを隠せずに少し離れると、泉が少しふて腐れたような顔をする。


自分のTシャツの裾を掴み、肌が見えるように巻くし上げたのを見て、俺は自分の五感が麻痺してしまったのかと思った。




「この雨で運動不足なんだ‥付き合えよ」


「え‥?えぇっ!?」


「つーかさ、お前と一緒に居る時間が長くなってるにも関わらず、なんで何もして来ねぇの?」


「そ、れは‥!だ、だって‥泉、いつも嫌がるから‥たまにはのんびりしても良いかなって‥」


「‥嫌じゃねーよ」




その発せられた言葉に俺は耳を疑った。


聞き間違いだと思ってみても、じわじわと顔が熱くなるのは止まらない。


悶々としているうちに泉の上半身が露になり、俺の心臓は壊れそうなくらいに高鳴る。




「なぁ、浜田‥触って?」


「ちょ‥ちょっと待って‥!洗濯物しまってから‥!」


「我慢出来ねぇよ‥‥んなの、後にしろよ‥」




どうやら泉は、俺に落ち着く暇も与えてくれないらしい。



俺の身体に擦り寄り、そのままベッドへと追い込まれる。


手を取られて胸へと押し付けられ、上目遣いでこちらの様子を伺う。




「浜田‥、シよ‥」




そんな甘い言葉の刃が、俺の胸を突き刺す。


そのまま触れた手の平で泉の胸を弄ると、泉は気持ち良さそうに声を上げてベッドへと埋もれた。


美味しいと分かっているご馳走を目の前にして、獣が牙を剥かないわけが無い。




「あ、はぁっ‥んぁ‥あっ‥」


「やらしい‥泉」


「もっ‥と‥触って、はまだ‥。はまだに触られんの‥気持ち良い‥」




そんな俺を誘惑するようなセリフ。


俺だって泉に触れるのが好きだよ。


泉のその言葉は、俺の行為に拍車をかけて行くだけだった。




「あ、あっ‥や、はまっ‥!」


「嫌じゃないだろ‥自分から誘ったくせに」


「っ‥あ、ぁ‥そ、こ‥やだ‥もっと‥ちゃんと、触って‥」




焦らすように触る俺に、泉はじれったさを覚えているようだった。


乳首を摘んでは転がし、下には触れず滑らかな肌の感触だけを楽しむ。




「っ‥はまだぁ‥」




涙目で懇願する泉。


泉の小さな声をちゃんと聞きたいのに、それは雨の音で掻き消されてしまう。



キスをする度に息を荒くし、蕩けるような顔で俺を見つめる。



その表情は、気持ち良い、もっとして、と言っているようで。




「触ってないのに‥もう勃たせてるんだ?」


「‥っ‥‥」


「此処は‥どうなってる?」


「ん、あっ‥やぁっ‥!」




そこに指を進入させると、ぐちゅりと言った音と共に濡れた感触を感じる。


泉の中は何度もしている行為で大分慣れてきたのか、すんなりと俺の指を受け入れて吸い付いた。




「此処‥濡れるようになって来たね」


「ん、ァ‥ふぁっ‥あ、はま、だ‥ぁ‥」


「奥、触って欲しい?‥それとも、もう欲しくて堪らない?」


「あ、ぁっ‥ぅ‥」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ