□幸福な時間【甘】
1ページ/2ページ

毎年迎える君の生まれた日。


今年はどう祝おうか。



いつもこの時期が近付くと、自分のことのように嬉しくなってしまう俺が居る。



二人きりで過ごすこの日がとても楽しみで、喜ぶ顔が見たくて。


ついつい張り切ってしまうんだ。




「泉‥最近はアイスケーキにハマってたよな‥自分で作れっかな‥?」




プレゼントはどんなものを送ろう?


部屋の飾り付けはどうしようか?



泉と過ごす日々は、胸を張って幸せだと言える。


大好きで、ずっと一緒に居たい。




「プレゼントは‥身に付けられるアクセサリーでも良いけど、やっぱり実用的なのが良いよな‥」




泉のことを考える事が出来る幸せ。


思わず顔が緩んだ。



ケーキの土台になるアイスクリームを作りながら、ああでもない、こうでもないと口にして。


悩んだあげく、俺は冬には欠かせないマフラーと手袋を贈ることにした。




「泉ー!」


「ん、浜田?‥早いな。まだ皆、来てないぜ?」


「今日、泉の誕生日だろ?だから、一番におめでとうって言いたくて‥!」


「‥え‥?」




悩みに悩んだプレゼントを見せて、にっこりと微笑む。



そんな俺を見て、突然泉が吹き出した。


喜んでいると言うよりは‥面白くて笑っていると言う表現の方が適切だと思う笑い方。




「い、いずみ‥?」


「え‥?誕生日って‥もしかして俺の‥?」


「う、うん。そうだけど‥」


「‥今日、何日かちゃんとカレンダー見てみろよ。‥28日だぜ?」


「えッ!?」




携帯を取り出してスケジュールを確認すると、確かにカレンダーは泉の誕生日の一日前を示している。


最近バイトで深夜に帰ることが多かったし‥そのせいで日付感覚がおかしくなっていたのだ。



呆然とする中にも羞恥心があって、俺はいたたまれない気持ちになってしまう。




「でっ‥出直してくる‥!」


「別に良いよ。今日貰っとく。‥開けてもいいか?」


「やっ‥ダメ!明日俺が一番におめでとうって言うの!」




俺の変なこだわりと言うか、なんと言うか。



そんなことを言っている間に、泉は誕生日プレゼントの封を切って中身を取り出してしまった。


温かそうなマフラーと手袋だな。と泉は笑い、その場で俺のプレゼントを身に付けてくれる。



その君が、あまりにも可愛く笑うもんだから。


俺は言葉を失ってしまったんだ。




「お前と二人きりになれるなんて‥久しぶりだな。すげー嬉しい。」


「で、でも‥誕生日間違えるなんて‥」


「ありがとな、浜田」




泉のその一言はまるで魔法のように、俺が気にしていることを拭い去ってくれた。



作ったケーキは、明日食べよう。


俺の家で目一杯お祝いしてやるんだ。




「‥今日、泊まりに行く。そしたら一番におめでとうって言えるよな?」


「え、あ‥うん。まぁ‥そうだけど‥」


「よし!決まりだな!」




そんなことで嬉しくなってしまう、単純な俺。


君の産まれた、奇跡のような記念日の時間を俺に。



君が幸せになれるように、一番にお祝いしてやるんだ。



『産まれて来てくれてありがとう』って。




fin.




→あとがき
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ