□相容れぬ二人【鬼畜甘】*
1ページ/6ページ

学校内でも有名な金髪にピアスをした不良。

普段は危害のなさそうな顔をしているが、その裏の顔は酷いものだ。


その長身に加えて威圧感もあるものだから、大抵の男は寄り付かない。

女には割と紳士的な振る舞いで、噂ではどんな女でも喰ってしまうと言うもの。


‥まぁ、実際その通りなんだけどね。




「浜田良郎!そこを動くな!」




あぁ、また厄介なのがやって来た。


これも日常と言えば日常なのだが‥そろそろ手を引いてくれないと、そのうち俺から手を上げてしまいそうだ。


悪意は無いから放っておいているけど、ウザい事には変わりない。




「いい加減、髪を黒に戻したらどうだ?‥ピアスも外せ。校則違反だ」


「これはこれは、委員長。いつもお仕事‥大変だねぇ?」


「誰のせいだと思ってんだ!この野郎!」




黒い髪に黒ぶちの眼鏡。


瞳は綺麗な青みを帯びているのに、その黒さで全てが台なしだ。


きっちりと第二ボタンまで閉めたワイシャツにネクタイ。


シャツをズボンの中に入れるとか、見ているこっちが暑苦しくて仕方ないよ。



頬に出来た雀斑もさらにダサいって感じを醸し出しているし‥救いようが無いな。




「変な物は‥持ってきて無いだろうな?この前、タバコ吸っていたっていう生徒が‥」


「いやいや、それは俺じゃないよ。2組の奴らじゃね?」


「‥ふん、どーだかな。まぁ今はそのピアスを外すだけで勘弁してやる。もうすぐ授業だしな」


「‥なんだよ。信用ねーな‥」




しぶしぶピアスを外してポケットにしまうと、委員長は口先を上げて悪戯に笑ってみせた。




「そっちの方が良いぞ、随分大人しく見える」


「別にそんなん見えなくて良いし。委員長もいい加減、俺に干渉するの止めてくれない?」


「ほら、早く来い。授業だ」




今日も朝から美人先生が居る保健室で寝ようと思っていたのに‥朝っぱらから俺の一日が台無しになった。


こんな委員長の言いなりになんてなりたくないのに、捕まれた腕を解く事が出来ない。


また此処で逃げても面倒なことになるだけだ。


そんなことを思いながら、俺はしぶしぶ委員長の後に続いた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ