□太陽と冷たい手【切甘】
1ページ/2ページ

今日も夜は明けない。


真っ暗闇の中、俺は今日も枕を涙で濡らしている。



泣きながら想い人を想像しては自身を慰め、その虚しさに日に日に心の穴は大きくなって行った。


止めようとしても身体はそれを止められない。



この報われない恋の終焉を、俺は迎えられるのだろうか?




「おはよー泉!」


「ちす。朝っぱらからテンションたけぇなぁ‥」


「えへへー!今日はスッキリ起きられたんだよ!」




人の気も知らないで飛び回るうるさい鳥。


朝から囀るその声はけたたましいけれど、それは俺の好きな声だ。




「はよっ!水谷、泉!」


「おー栄口!おっはよー!」


「‥はよ」




俺は暗い顔で返事を返した。

朝からテンションなんて上がるわけもない。


怒っているわけじゃないのは、二人とも分かっているから問題無いだろう。



ただ‥痛い。


とても痛い。




「ちょ、水谷!くすぐったいって!」


「瞬間リラックス法だよー!ほらほら!」


「あははは!やめろってー!」




二人がじゃれ合うのを見ていると、とても辛いものがある。


きっともう二人は‥付き合っているのかもしれない。


俺が入れる隙なんて、ありやしないんだ。




「‥遊んでんなら、先に行くぞ」


「えー?待ってよ泉ー!」


「あ、ほら!早くしないと朝練遅れるよ!」




ぱたぱたと三人で朝練に向かう。


あぁ、辛い。

こんなことなら恋なんてしなければ良かった。



にゃあにゃあと鳴いて、手招きをして。


捨てられた猫のように震えていれば、お前は俺を好いてくれるだろうか?




「あ‥悪い‥二人とも先に行ってて」


「え?どうしたの?泉」


「なんか腹痛いからトイレ行ってくる。モモカンに言っておいて」


「なーんか‥栄口みたいだねー?トイレに行きたくなるなんて‥」


「っ‥水谷!ほら、さっさと行くよ!」




二人が仲良くしているのを見ていると辛い。


熱中症かな、頭がクラクラする。



ジリジリと焼けるように熱い太陽。


このまま焼かれてしまいたい。


俺が溶けて居なくなれば、この気持ちも一緒に流れてくれるだろうか?




「‥泉?」


「‥‥は‥まだ‥」


「どうした‥こんな所で‥具合悪いのか?」




そう言って手を差し延べる浜田。


浜田の立っている先に、二人の後ろ姿が見えた。



その遠くを見る目は、浜田に見抜かれてしまったらしい。




「俺じゃ‥ダメ‥?」




目の前が暗くなり、二人の姿が見えなくなる。


浜田が俺の目を手で覆い被して、見えなくしたのだ。




「っ‥うっ‥ぇ‥」


「‥泉」




今日も夜は明けない。


俺はその日、浜田とキスをした。


俺に朝は来るのだろうか?


心にぽっかりと空いた穴を埋めて欲しい。



真夏なのに冷たく冷えた手。


その手に遮られ、見えなくなった世界。



ああ、助けてくれ。


このまま太陽に焼かれてしまいたいのに、冷たい手がそれを邪魔をする。




fin.




→あとがき
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ