夢小説ショート

□拍手小話
1ページ/7ページ


「…あ、来たぞ。んじゃ、行くか。準備はいいか?チョージ」
「あ、うん…」

「どした?」
「ねぇ、シカマル?ホントにコレでいいのかなあ?」

「なにがだ?」
「ううん、なんでもないよ。んじゃ、行くよ?」

「おう。じゃオレからだな」
「うん」



「隣のへいに、囲いが出来たんだそうだ」
「へぇ〜」



「……」
「……」

「…ねぇシカマル、ホントにコレで良かったの?『小話』って、こう言う意味じゃ…」
「……しくじったか?」

,
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ