夢小説ショート

□ブルーなソラ
1ページ/1ページ

「…何ふてくされてんだよ?オマエ」

彼が眉を潜めた。

‐パタン。

読み掛けの本を閉じて、胡座(あぐら)を崩して。
シカマルが立ち上がる。

「別に」

なんて私は窓際でソッポを向いて。
外に視線を戻す。
もう自分のみたいに慣れたシカマルの部屋。
久しぶりに重なった休日に、こうして2人きりでいられる幸せには、不機嫌になる理由なんか無いのだけれど。

それは、何でも無い日なら、ってコト。

「だがよ、明らかに不機嫌に見えんぜ?」

シカマルが背後に立った。

「言いたいコトがあんなら言えよ?」

窓枠に肱(ひじ)をつき、彼は下から私を覗き上げる。

『お返しは?』

なんて。
言うのは惨めじゃない?
催促して貰ったって。
意味が無い気がする。

「だから、何でも無いってば」

だから、白々しく微笑んで。
それから私は空を見上げた。

綺麗な青い空。
私の心みたいなブルー。


「…クッ…」


すると喉を鳴らす音。

「オマエ、分かりやす過ぎ]

そう呟いてシカマルは伸び上がった。

何が分かりやすいって言うのよ?
何にも分かって無いクセに。

そう思って。
口を尖らせた瞬間。


‐!!


私は彼の胸に抱き寄せられて。
唇を重ねられた。

「…な…」

『なによ?』、と。
抗議しようとしたら、キスが深まって。

「……ん…」

抗(あらが)えない貴方の侵略。

…え?

けれど。
突然口内に、異物感。


なに?
これ…


「…シカマルっ!」

なんとか彼を押し退けて。
カランと歯に当たるものを、口から取り出したら。

「…これ…」

‐キラリ。

日差しを浴びて銀色の輪っかが光った。
右手の上に、一つの指輪。


「チョコのお礼」
「シカマル…」


言いながら。
綺麗な指でソレを取り上げ、彼は私の左手をとった。
そして。
恭(うやうや)しく、私の指に小さな輪を通す。


「…機嫌、直ったかよ?」


右手は絡め合い。
優しい表情(かお)したシカマルに、耳元に囁かれながら。

「忘れるワケねーだろ…」

薬指で光る贈り物を。
私は、うっとり眺めた。





[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ