ショート2

□リアルタイム短編
1ページ/2ページ

‐こんっ。

窓ガラスに何か当たる音がした。



カーテンを開ければそこにはあなた。
シカマルが立っていた。


『さっさと開けろ』


口の動きで読み取るセリフ。

「はいはい」

がらっ、と。
ガラスを開ければ断りもなく入ってくる彼に。

「…任務なんじゃなかったの?」

がらり。

聞きながら私は窓を閉めた。

「予定では、な」

すると。
ぽりぽりとシカマルは頭を掻く。

「って、戻ってきちゃマズかったか?」
「そんな訳…」

否定しかけて中断。
まさか。
今日会えるとは思ってなかったから…

チョコレート、用意して無い。


「…オマエさ?」
「え!?」


と。
潜められる彼のキレイな眉。
少し細めた目に鋭く射抜かれて。

どきっ。

いろんな意味で。
止まりそうになる心臓を、私は右手でおさえた。

「用意してねーんだろ」
「ええっ!?」

ナンデバレタノ!?
焦(あせ)って固まったら。


ぐいっ。


突然。
腕を引かれて。

ぽすっ。

そのまま。
私はあなたの胸にぶつかった。


「シカマル…!?」


暖かいあなたの胸。
私だけの場所。
他のヒトは入り込めない所に、抱き寄せられて。

「オマエってよ、ホント読みがあせぇよな…」

大好きな人の腕の中。
暖かい。
南洋の海みたいな、ゆらゆら揺れる水の中。
そんな艶(なまめ)かしいトコロで。

「…もしかしたらって、考えられねぇのかよ?もし戻れなかったとしても、腐らねぇモン用意しときゃ問題ねーだろうが」

長ーいあなたの説教。
色っぽいエコロケーション。
彼の低音が。

ぐるぐると。
渦(うず)を巻いて、私を呑み込み始めた。


「…聞いてんのかよ?」


愛しさに負けて。

簡単に溶けてしまったノウミソに、シカマルは話し続けるけれど。

「おい?」

もう無駄だってば。

あなたの匂い。
私を支配する物腰。
私をあやす声。

そんな狡(ずる)いものに、思考回路は侵略されて。

その音楽を。
この熱を。
あなたを。

もっともっと。

感じるためには、どうしたらいいのかって。

もっともっと、もっと。

色っぽく。
説教されるためには、どうしたらいいのかって。

ソンナ。
不埒(ふらち)なコトしか。
私には、もう考えられない。


「…用意しといたもの」


だから、まっしろな頭から。
乾いた喉から出たのは、この一言だけ。

でも。

頭の良いあなたなら分かるはず。
今年の。
あなたのチョコレートは私だって。


「クッ…」


案の定。
喉を鳴らして『了解』したシカマルに。

優しく。
焦(じ)らす様に髪をいじる彼に。

「…だから、早く…」

待ちきれなくて、私は催促してしまった。

今すぐに。

その唇で。
キスで。
舌先で。

あなたにしか見せない深淵を探って。

この甘さを確かめて?




…Happy Valentine☆2011.2.14
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ