「コビトサンデスカ,アッテミタイデスワ」



誰がどう聞いても棒読みとしか言えない口調でスノウは言った。



「スノウ様,別に嘘をついてくださらなくていいですから」


「そう?……貴女,いつの間にか借金背負ってるタイプでしょ」



若干泣きそうな瞳で見つめ返された。


もしかして,すでにあったりして。



「…お給料上げましょうか」


「私に借金などありません!」


「それは,良かったわ」


「スノウ様のせいで話が脱線してしまいましたが,『小人』というのは童話などに出てくる小人ではありません」



レカンの言葉に少し混乱する。


小人なのに,小人ではないとはどういう意味だろう。



「『小人』というのは,周囲の人達が彼らを総称してそう呼んでいるそうです。
・       ・
小さな心を持った人達の集まり,略して『小人』と。

自己中心的な方や社会不適合者な方,そんな無職の人達が7人集まって森に住んでいるとか。

いつも家にとじ込もっていて,外にでているのを見た人は中々いないそうです。
たまに街に買い物に来るそうなので,どこかから仕送りを受けているみたいですよ。

面白くありません?」



駄目人間7人が集まったら,もっと駄目になるのでは。


そして,そんな奴等に仕送りしている人は今すぐ仕送りを辞めて,孤児院か病院に寄付しろと言いたい。




.

[TOPへ]
[カスタマイズ]




©フォレストページ