Novel


あの頃の僕の世界には貴女しかいなかった――

忘れる事許されない、だから僕は今日も舞うよ――

夢のように消えていった貴女のために……
そして共に歩む貴方のために――

   『雨の月』

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ