天辿翼詩〜記憶辿り〜

□舞い降りた少女
1ページ/6ページ

海の音、波のさざめく音が聞こえる

うみねこが海と空の狭間を行き交い飛ぶ

白い雲が風の流れに乗り流れ、時の流れを感じさせる

突如、波がざわめき出す

緩やかな波紋から激しく波打つ

『ギャアアアアアァァ!!』

けたたましく響く奇声

海面に巨大な影が映る

巨大な翼を広げ強風を起こしながら飛ぶ、怪鳥

「討て!!」

大海原に数隻の船

多数の矢が怪鳥目掛けて放たれるが

「駄目か」

怪鳥の羽ばたきが起こす強風により矢は弾かれる

『キアァァァ!!』

より一層羽ばたき、凄まじい強風が吹き荒れる

「うおぁ!」

「うわあぁ!」

二隻が強風で転覆する

波が高くなり、甲板も不安定

「若様!どうなされますか!?」

「力は使い切ってしまった。まずいな」

怪鳥は一層高く飛ぶ

「でかいのを撃つ気か!?」

「このままでは全滅します!」

成す術無し

万事休すかと思われた
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ