ユンジェ☆

□『密会』
1ページ/2ページ



ソウルの街の…片隅。





ひっそりと佇む、けして綺麗とは言えないホテルに…おれはいた。





古びた扉を開けた瞬間、逞しい腕がおれの身体を抱きしめた…。





その厚い胸板に顔をうずめ…おれも力いっぱい抱きつく。





「会いたかった…」





熱く吐息を吐きながら、おれの耳もとで…ユノが言った。

その言葉に、胸が締め付けられる…。





「おれも、おれも会いたかった…っ」





たとえ仕事で顔を合わせても、周りの目があって…前のようには接することが出来ない。






すごくユノに、触れたかった。






触れて欲しかった…。




笑顔を向けて欲しかった…。








「誰にも見られなかった?」





「うん。誰にも気づかれなかったと思う」





「そっか…。良かった」





ユノがホッと胸を撫で下ろす。





「ユノ…。ごめんね…」





「え…?」





ユノは抱きしめていた腕をゆるめ、おれの瞳を見た。





「おれたちが…、あんなことしたから…」






その瞳が見れず、うつむく…。






「何言ってんだよ」





ユノの手が、おれの頭を優しくつつんだ。





「今回の事は、5人全員で話し合って決めた事だろ?」





「でも、そのせいでユノが皆に…んっ」





おれの言葉を消すかのように、いきなり口づけられた。






「ん…、んん…っ」





激しい口づけが、おれを襲う…っ。




壁に押し付けられ、唇を貪られる。





「そんな事…言うなよ」





キスの合間にユノが言った…。





「だって…」





「ジェジュン…。俺はファンの皆の気持ちも、分かるんだ」





「ユノ…」





「俺たちは沈黙を守っている。今はまだ話す時じゃないから…。
でもファンの皆は不安に思っているんだろう。そりゃそうだよな…。俺たちが離ればなれになってしまうんじゃないかって」






そんなの…、嫌だ…っ。


おれたちは、これからもずっと一緒にいたい。





「皆不安で、この不安をどこにぶつけたらいいのか解らなくなっているんだよ」





ユノが辛そうに息を吐いた。





「もちろん、ウソの情報や思い込みに踊らされて…間違った事を鵜呑みにして、いろいろ言われるのは…正直辛い…」






「ユノ…」





「でも、走り出してしまったんだから、前に進むしかない」






ユノの瞳が熱く煌めく。





「俺たちが…ずっと一緒にいられる方法を、探そう」





「うん…っ」





ユノ…。


今は辛い時だけど…、この暗闇が過ぎたら、きっと新しい光のある未来がまっているよね?






そう信じて…。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ