ユンジェ☆

□『初めての心 *2*』
1ページ/39ページ



ジェジュンと愛し合ったあと、俺は下だけはいて、キッチンに冷たいミネラルウォーターを取りに行った。



冷蔵庫を開け、ジェジュンの分も取り出し、部屋へ戻ろうとすると、ユチョンがジュンスの部屋から出てくる。





「ちょっっ、待ってよ…っ」




そのすぐ後をジュンスが追う…。




「ユチョンが1番だって…っ」




ユチョンの腕を掴んで、ジュンスが言った。




「1番ってことは、2番、3番がいるってこと…?」




「いるわけないだろっ?…ほら、部屋に戻ろう?」





ジュンスはユチョンの肩を優しく抱き寄せ、2人は部屋に戻って行った。







…あの2人はしょっちゅうケンカしてるな。



ま、仲直りも早いけど…。






俺はミネラルウォーターを口にしながら、ジェジュンの部屋に戻った。




ジェジュンは疲れきっているのか、ベッドに突っ伏したまま動かない…。




布で隠れているのは、胸と腰のあたりだけ…。





白く綺麗な肩…



すらりと伸びた足…




まるで造り物のようだ…。




「ジェジュン…。ミネラルウォーター持ってきたよ。飲むだろ?」



「う…ん…」



半分寝ていたのか、気だるげに…ジェジュンは腕を伸ばした。




俺は、そんなジェジュンにペットボトルは渡さずに、自分の口にミネラルウォーターを流し入れる。




そしてそのまま、ジェジュンの唇に唇を重ねた…。




口移しに水を与える…。




ジェジュンは素直に受け入れた…。




俺は優しく微笑み、繰り返し何度も水を与える…。




ジェジュンは俺が顔を近付けるたび、大人しく目を閉じる…。




「ん…、もう…大丈夫…」



ジェジュンの唇の端から滴がしたたり落ちた…。




俺はそれを舐め上げ、2〜3度軽くキスをした。




そして…ジェジュンの隣に身を寄せ、軽く抱きこんだ。




「疲れたろ?
…おやすみ、ジェジュン」




「ん…、ユノ…、おやす…み…」




ジェジュンは眠くて仕方ないみたいだ。





この、眠る間際の『とろん』とした表情のジェジュンが俺は好きだった。




普段甘えたがらないジェジュンも、この時は可愛く身を委ねる…。




さっきの口移しにしたって、昼間のちゃんとした時だったら、恥ずかしいって拒まれるだろうし…。




もっと我が儘言って、甘えて欲しいのに…。




ジェジュンの綺麗な横顔をじっと見つめる。




さっきのキスで唇はさくらんぼ色…。





もう一度、その唇にキスをして…




俺も眠りについた…。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ