ユンジェ☆

□『秘めた心』
1ページ/26ページ



「何考えているんだ?」


ベッドの上。
愛撫の途中、俺の顔をのぞきこみ、その男は言った。


「…なんだと思う?」


ふっ…と軽く笑い、挑発的に聞き返す。


「ひどいな…、ジェジュンは。他の事を考える余裕を与えていたつもりはないんだけどな」


愛撫の手を深めながら男は言う。


「ん…っ、そう思うなら、もっと…、何も考えられないくらい…激しくして…っ」


足を絡め、逞しい背中へ腕をまわす。




恋人の腕に抱かれながら、他の男のことを考える…。

けして手に入らない…、本当に愛しい人のことを。





「ジェジュン、愛してるよ…っ」



声が似ている人を身代わりにして…。



「はっ…、ぅ…んっ、もっと、もっ…と言って…」




その声に酔いしれながら…。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ