恋愛詩 -Heart-

□作品No.36〜40
1ページ/5ページ




NO.36

櫻花



アナタは愛されているから
要らないものは棄ててきた
見るも無残なアタシの華は
現実世界で枯れ果て朽ちた

―もう棄てないで―
華と共に散った想い

届き聞き入られる事もなく
春のない季節を体に刻む

それでも空気が溶ける頃
桜色は変わらず舞うのだろう



―――――――――――――――
棄てられるのならいっそのこと
桜のように散ってしまえばいいのに。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ