恋愛詩 -Heart-

□作品No.26〜30
1ページ/5ページ




NO.26

氷の月



目蓋の裏の赤い満月
太陽の残骸の上で輝いてる

目を開けて見えるのは
氷上の蒼く醒めた半月
僕の思いに震えてる

恐怖で流した雨<ナミダ>は
きっと太陽に燃やされて

漆黒の夜空に浮かぶのは
太陽に凍える
蒼く醒めた半月

失くした月の半身は
アナタのココロが
あった場所

ココロを失くした
半月<アナタ>は
夜<ボク>の罪を
照らし続ける



―――――――――――――――
愛も罪深きもの。
犯した罪はカタチとなって
消えることもない。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ